看護に専念できる大学病院

大学病院での看護師の仕事で、一般病院と大きく違っている点は、スタッフの人数が多いことで、医師と看護師の役割分担や、専門看護師、認定看護師、薬剤師、作業療法、作業療法士など専門の分野などの区別もはっきりしていることです。そのために、看護師は看護に専念できて、一人の患者にじっくり向き合うことができることは、仕事としてうれしいことと多く看護師がいいます。認定看護師を長く続けると、特定看護師になることができます。それぞれの専門分野に打ち込むことの出来る大学病院は、今後特定看護師を目指す人にぴったりです。大学病院は、教育機関としての役割がある点もあります。
チーム医療が多く、他部門との連携も多くできているので、治療にも看護にも徹底的に向き合えるところです。急性期だけでなく、リハビリの点でも早期に取り組むことができるので、回復のためには大いに役立ち、看護師のやり甲斐は大きいです。
大学病院は、一人ひとりの患者に合った治療や看護を目指しているところが多いので、看護師側からしても、思う存分の看護ができることになり、患者にとっても何よりもうれしいことになります。
医学では、診断も治療も技術が年々進歩しているなかで、看護の技術も進歩していますので、大学と病院の距離が近づいていて、チーム医療の点などでも協力体制が確立されています。そのための研修や講座も多いです。看護技術の開発のひとつとしては、患者に我慢させない療養生活というテーマがあります。
もうひとつの大学病院と一般病院の違いは、診療補助系の仕事(点滴、抗がん剤投与、胃管挿入、褥創などの処置)では、一般病院の方が多いことです。療養の世話という点では、大学病院の方が多いです。
大学病院の看護師は、平均的な知識を持ち、判断基準にも優れているといわれています。
看護師としてのキャリアアップを考えるならば、専門的な分野を研究しているし、高度な知識や技術が学べるところなので、大学病院がお奨めです。難しい治療の患者が多いこともあり、症例も多いのでスキルアップは大きく望むことができます。子育てとの両立を考える人にとっても、院内保育などが併設されているとことも多く環境にも恵まれています。その上給与面の待遇も良いようです。
大学病院からでは、専門看護師や認定看護師とキャリアアップする道もあります。
転職を考える場合には、一般病院から大学病院への転職はスムーズなのですが、大学病院から一般病院やクリニックへの転職は難しいようです。また、大学によっては正看護師でなければというところもあります。
大学の看護科を卒業して、そのままその大学の病院へ就職するケースが多いのですが、他大学の卒業でも知識や経験が備わっていれば大学病院への就職は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です